文具スタイル

双眼鏡

- 双眼鏡と自然観察の世界へようこそ -

スタディスタイル★自然学習館
 

双眼鏡のしくみ・双眼鏡の性能

性能を表す用語集

双眼鏡の性能を表す用語集

イメージフォト 双眼鏡の性能は、主に倍率(ばいりつ)と有効径(ゆうこうけい)の2つの値で表されています。双眼鏡には、一般的に「8x25」などの数値が記載されています。 前の数値が倍率、後の数値が対物レンズの有効径を表しています。
 双眼鏡のカタログなどには、次のような項目で双眼鏡の仕様や性能が記載されています。

倍率
ばいりつ
肉眼で見たときの大きさと、双眼鏡をのぞいたときの大きさの割合です。例えば、倍率8倍では800m先の物体が、100mに近づいて見えます。
双眼鏡の倍率も、天体望遠鏡と同じく高ければ高いほど良いとは限らないようです。天体望遠鏡と違い、双眼鏡は手で持って使うことが多いため、 手ぶれの影響を受けやすいのです。手ぶれは倍率が高いほど顕著になるため、普通に使う場合は、8〜10倍程度の倍率が良いと言われています。 高い倍率で見る場合には、三脚などに固定して使うと良いでしょう。
対物レンズ有効径
たいぶつれんずゆこうけい
有効径 対物レンズの有効な部分の直径です。有効径が大きいほど像が明るく、細かい部分までよく見えます。
ひとみ径と明るさ 接眼レンズによってできる対物レンズの像の直径を表します。この値が大きいほど明るく見えます。 双眼鏡の明るさはひとみ径を2乗した値で、この値が大きいほど明るい事を表します。
実視界・見掛視界
じつしかい・みかけしかい
実視界・見掛視界  実視界は、双眼鏡を動かさずに見ることができる範囲を対物レンズの中心から測った角度で表します。実視界が広いほど、見える範囲が広くなります。
 見掛視界は、双眼鏡をのぞいたときに、その視野がどれくらいの角度で開けて見えるかを表します。
1000m先の視界 1000m先の視界 双眼鏡を動かさずに見ることができる1000m先の範囲をメートル(m)で表します。
双眼鏡に記載されている「8x25」などの数値の下に「113m/1000m」のように記載されているものは、1000m先の視界を表しています。
アイレリーフ アイレリーフ 双眼鏡ののぞいた際に、全視野を見ることのできる目の位置と接眼レンズとの距離です。アイレリーフが長いほど目に負担がかかりません。 眼鏡をかけていてアイレリーフがずれる場合には、見口のゴムを折り曲げたりして調整できるものもあります。
レンズコーティング フーリーコート フーリーコート
レンズ全面にコーティングを施し、光の損失を極めて少なくしています。より自然な色で見る事ができます。

マルチコート マルチコート
多層膜コーティングにより、むだな光の反射を防ぎます。光の損失を極めて少なくし、高いコントラストが得られます。
セール
★ 3連休限定特価品&送料無料対象品満載!スマホ対応天体望遠鏡顕微鏡セットがおすすめ! ★
88星座図鑑
★ 大人気の星座図鑑アプリ。スマホで季節の星座や流星群を探してみませんか? ★
*
自由研究天体望遠鏡双眼鏡地球儀顕微鏡星座ガイド
スタディスタイル★自然学習館@文具スタイル
有限会社ドリームズ・カム・トゥルー

Copyright © Since2003 Dreams Come True Inc. All Rights Reserved.
当サイトはリンクフリーです。ぜひ、リンクしてくださいね。ページ内のテキストおよび画像の無断転載は禁止です。