おすすめ【新製品】自由研究にぴったりの観察セット付きハンディ顕微鏡で、夏休みの自由研究を楽しもう!
おすすめただいま、対象地球儀をお買い上げ&ラッピングご利用で、オリジナル日本地図下敷きプレゼント中!ぜひ、ご利用ください

おおぐま座について
Ursa Major

春の星座早見表から春を代表する星座の1つ「おおぐま座」についてご紹介します。

おおぐま座
和名おおぐま(大熊)
学名Ursa Major
略符UMa
設定者プトレマイオス
概略位置赤経:11h00m / 赤緯:+58°
面積1,280平方度
20時正中 5月2日
南中高度 約N68°
主な季節
肉眼星数約210個
星図 IAUの星図を見る
凡例
凡例

北の夜空で目につく北斗七星ほくとしちせいで知られるおおぐま座は、おおきな熊の姿を表した星座です。ひしゃくの形をした北斗七星はおおぐま座のしっぽの部分にあたります。おおぐま座は、古くから季節や時間を知ったり、北極星の位置を見つけたりするための大切な星座となっています。

おおぐま座には、ギリシャ神話の悲しい物語が伝えられています。月と狩りの女神アルテミスに仕えていた美女カリストは、大神ゼウスに気に入られ、やがて男の子アルカスを授かります。これをねたんだアルテミスは、カリストをみにくい熊の姿に変え、森の中へ追いやってしまいました。月日は流れ、立派な狩人に成長したアルカスは、ある日、森の中で熊に姿を変えたカリストと出会います。息子に気付いたカリストは喜びのあまりアルカスに近づいていきますが、その熊が母であることを知らないアルカスは、カリストめがけて弓を引いてしまいます。これを見ていた大神ゼウスは二人を哀れみ、カリストをおおぐま座、アルカスをこぐま座として天の星座にしました。

おおぐま座を見つけよう

おおぐま座の見つけ方

スタディスタイル★自然学習館オリジナルのスマートフォン向けアプリ「88星座図鑑」では、おおぐま座の紹介に加え、おおぐま座の見つけ方をイラスト入りで紹介しています。さらに、今の星座の場所や見え方を教えてくれる「星座レーダー」を使って、遊びながらおおぐま座を見つけることができます。

88星座図鑑

フェイスブック