ページトップ

子供用・学習用天体望遠鏡専門店

はじめよう!惑星探検2015

 

【Xmas前発送受付のご案内】
Xmas前発送(21日までに発送)の最終受付は、次表の通りです。ご注文はお早めにどうぞ。
商品区分 注文・決済完了日時 発送予定日
●通常商品 12/19 午前10時30分 8/17〜
●ラッピング指定商品 〜8/16 午前11時 8/20〜
商品区分 注文・決済完了日時
●通常商品 12/19 午前10時30分 決済完了分まで
●ラッピング指定商品 12/17 午前10時30分 決済完了分まで

流星情報12月14日〜15日は、ふたご座流星群がピークを迎えます!ふたご座や放射点の位置は88星座図鑑でチェック!
新製品!世界の情報満載!しゃべる国旗付き地球儀トイ 2018最新版モデル
はじめよう!惑星探検2014

2015年は、惑星に関する大きなイベントはありませんが、4月に皆既月食を見ることができます。

ここでは、今年1年で観測しやすくなる順に各惑星をご紹介していきます。土星や木星、金星の美しいすがたを、ぜひ、天体望遠鏡でご覧ください。

2014年12月25日公開

2015年は月食を観よう

月食まめ知識

2015年は4月に、「皆既月食」を見ることができます。

月食のしくみ(模式図)

「月食」は、太陽と月の間に地球が入り、地球の影が月をおおいかくす現象で、月全体が影の中に入ってしまう場合を「皆既月食かいきげっしょく」、一部分だけが入る場合を「部分月食ぶぶんげっしょく」と呼んでいます。

月食のしくみ

4月4日の皆既月食

2015年4月4日の午後7時過ぎから夜にかけて、ほぼ全国で皆既月食かいきげっしょくが見られます。

月の欠けはじめは、まだ月は低い位置にありますが、欠けが大きくなるにつれて高度も増していくので、観測には良い条件となります。

月の動き
地球の影に対する月の動き

皆既の状態が1時間ほど続いた2014年10月8日の月食と比べると、今回の月食は月が地球の本影の縁を進むため、皆既の時間が13分程と、かなり短い皆既月食となります。

事前に双眼鏡や天体望遠鏡を準備して、皆既の瞬間を見逃さないようにしましょう。

月の経路
東京での月の経路

東京では午後7時15分頃から欠けはじめ、午後8時54分頃から皆既食となり、約10分間にわたって続きます。その後、しだいに欠けが小さくなり、月食は午後10時45分過ぎまで続きます。

太陽系について

太陽系

私たちが暮らしている地球は、約365日をかけて太陽のまわりを1まわりしています(公転こうてん と呼びます)。 地球のほかにも、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星などの 惑星わくせいと呼ばれる天体が太陽のまわりをまわっています。

私たちの太陽系

冥王星めいおうせい 」は1930年の発見以来「惑星」に分類されていましたが、2006年8月の国際天文学連合(IAU)総会で「惑星」の定義から外されました。

天体望遠鏡で惑星を観測しよう

木星:今年前半が見ごろ

木星

木星は、年の前半が見ごろとなります。特に2月中旬は-2.6等級ほどの明るさになるため、観測のチャンスとなります。ひときわ明るく輝いているため、ひと目でみつけることができるでしょう。このころ、木星は「しし座」の中にあり、その後「かに座」に移っていきます。

東京では、2月〜3月は午後10時頃に南の空高くにあり、月が昇る前は観測しやすいでしょう。

金星:7月中旬が見ごろ

金星

年の初めから8月上旬にかけて「宵の明星」として日没前の西の空に、ひときわ明るく輝く金星を見ることができます。6月〜7月にかけては高度も高く明るさも-4.5等級ほどになり、また見掛けの大きさが増し、天体望遠鏡では金星の満ち欠けを見ることができます。この頃は、すぐそばに木星も見えるため観測の絶好機となりますので、ぜひ、天体望遠鏡で観察しましょう。

6月~8月にかけてふたご座からしし座、かに座へと移り、最後はおとめ座へと大きく動いていきます。

土星:5月~7月にかけて見ごろ

土星

土星は、5月~7月にかけて観測のチャンスとなります。このころ、土星は「さそり座」から「てんびん座」の中にいます。

東京では、6月中旬の午後10時頃に南の空に昇りますが、あまり高度は高くなりません。近くで赤く輝くさそり座のアンタレスとの対比が美しいでしょう。

学習用天体望遠鏡の専門店
  • 科学専門スタッフが丁寧に商品紹介!
  • 特長がよくわかる写真を独自に撮影!
  • 学習文具の老舗レイメイ藤井製!

天体望遠鏡百科

天体・天体望遠鏡についての基礎知識をご紹介します。天体望遠鏡を買う前に読んでみましょう。

天体まめ知識

天体や宇宙、天文学の基礎知識について学びましょう。

天体望遠鏡のしくみ

天体望遠鏡の構造や性能、用語について解説します。

天体望遠鏡の使い方

天体望遠鏡の基本的な使い方を紹介します。