しぶんぎ座流星群 2022年

しぶんぎ座流星群は、2022年1月4日午前6時頃(前後する場合があります)に極大となる予想です。極大の時刻には、放射点は北東の空、約60°付近まで昇ります。極大が明け方であり、夜半前は放射点の高度が低いのですが、月は新月過ぎ(月齢1前後)のため月明かりの影響が無く、観測には良い条件となります。

活動のピークが短いため、1月4日午前3時〜未明までが最も良い観測条件となります。年によっては大出現が期待される流星群ですので、防寒対策をしっかり行い、新年最初の流星を探してみてはいかがですか。

東京では1月3日の午後11時頃に放射点が北北東の空に昇り、その後、放射点は明け方まで次第に高度を上げていきます。月は昇っていないため、放射点の高度が高くなる1月4日午前3時〜6時頃(東京の日の出は午前6時50分頃)までが観測のチャンスとなるでしょう。

しぶんぎ座流星群
図:しぶんぎ座流星群
(2022年1月4日午前4時の東京の空)

しぶんぎ座流星群について

しぶんぎ座流星群は、毎年、お正月の1月1日~1月7日頃に活発になる流星群で、ペルセウス座流星群ふたご座流星群と並び3大流星群の1つにもなっています。放射点はりゅう座の中にありますが、しぶんぎ座流星群と呼ばれています。

しぶんぎ座は18世紀に「へきめんしぶんぎ(壁面四分儀)座」として設定された星座で、現在の88星座からは外されたため、この流星群をりゅう座ι流星群と呼んだ時期もありましたが、現在は正式にしぶんぎ座流星群と呼ばれるようになりました。

1月3日夜~4日未明に極大となり(年により異なります)、条件が良ければ1時間に50~60個の流星が見られる場合もありますが、年によって数が大きく異なります。放射点が昇る深夜から明け方までの数時間が観測のチャンスとなりますが、極大が続く時間が6時間程度と短いため、極大の時刻がこの時間帯から大きくズレると、見られる流星の数も大きく減ってしまいます。

基本データデータの見方

しぶんぎ座流星群と放射点
図:しぶんぎ座流星群と放射点
表:しぶんぎ座流星群データ
和名しぶんぎ座流星群(りゅう座ι流星群)
学名 Quadrantids (QUA)
出現期間 12月28日~1月12日(IMO)
極大日 1月4日6時(2022年)
放射点 赤経:15h18m0s 赤緯:+49.5°
星座りゅう座
母天体マックホルツ第一周期彗星 (96P)、他
ZHR110〜120
出現数1時間に30個~
速さ中(41Km/秒)

しぶんぎ座流星群 観測のポイント

毎年、1年で最初に見られるしぶんぎ座流星群は、3大流星群の1つに数えられる大きな流星群ですが、年によって出現数にムラがあるのが難点です。放射点が昇る深夜から明け方までの数時間が観測のチャンスとなるので、寒さ対策を行い、しっかり準備しましょう。

流星は、放射点を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えるため、空全体を眺めるのがポイント。木々に囲まれた山の上より、できるだけ空が大きく見渡せる開放的な場所で観測しましょう。月が出ている時は、月を背にして、暗い方の空を眺めるようにしましょう。放射点の近くでは流星は速く短く、放射点から離れるほど長くなって見えます。