2023年3月24日の午後9時頃に、九州の一部や南西諸島などの限られた地域で、金星にかくれる金星食を見ることができます。金星が月に潜入してしばらくすると月が沈んでしまうため、金星の出現は見ることができません。夜間に金星食が見られることは珍しいので、天体望遠鏡で観察しましょう。

星食とは

ある天体が別の天体の前を横切ることで後ろの天体が見えなくなる現象掩蔽と呼びますが、月によって恒星惑星がかくされてしまう場合を、特に星食と呼んでいます。

地球衛星である月は地球に最も近い天体で、遠くにある星をかくしながら少しずつ動いていきます。このため、星食自体は珍しいものではありませんが、1等星以上の明るい星や惑星の星食は貴重なイベントとなります。

星食のしくみ
図:星食のしくみ

2023年3月24日の金星食

午後9時前後から、金星(-4.0等級)が月(月齢2.9)にかくれる金星食が見られます。日本では、九州の一部や南西諸島でのみ見ることができますが、ちょうど月が沈むタイミングと重なるため、ほとんどの地域では潜入から出現までの全過程を見ることができません。

金星食が見られない地域でも細い月と明るい金星が接近する姿を楽しむことができます。西の低い空で起こるため、西の空が開けた場所を選んで観測しましょう。

那覇では、午後8時56分過ぎに、地平線から5°ほどの低い空にある月に金星が上部から潜入します。午後9時22分頃が月の入りのため、午後9時45分頃の出現を見ることはできません。

×

画像のご利用について

下記の対象・利用条件にご同意いただける場合のみ、本画像の転載を許諾致します。

許諾対象

公共機関、教育機関を含む非営利団体、個人

許諾条件

  1. 非営利目的でのご利用に限ります
  2. ご利用は1つのサイト(冊子)に付き3点までと致します
  3. 画像内のクレジットは削除できません
  4. リサイズ以外の加工はできません
  5. 画像の近くに下記のクレジット表記およびリンクの設置が必要です
 

※利用条件外、営利目的での利用をご希望の場合は、別途、メールにてお問い合わせください。