夏の大三角とは

夏の大三角は、天の川をはさみ、はくちょう座の1等星デネブわし座の1等星アルタイルこと座の1等星ベガを結んでできる大きな三角形で、夏の大三角形とも呼ばれます。夏の夜空をるこの壮大な図形は、夏の星座のガイド役として知られています。

夏の大三角
図:夏の大三角

夏の夜空を見上げると、うっすらと白く輝く天の川の中に、明るい5つの星が十字架の形に並んでいるのを見つけることができます。夏の星座の代表と言ってもよいはくちょう座です。はくちょう座は、明るい星が多く形も分かりやすいため、夏の星座では最も見つけやすいので、夏の星座探しはここからスタートすると良いでしょう。

はくちょう座から、天の川にそって南に目を向けると、明るい1等星が2つ、天の川をはさんで輝いているのが見えます。わし座αアルタイルこと座αベガです。

この2つの1等星とはくちょう座αデネブを結んでできる大きな三角形は「夏の大三角(夏の大三角形) 」と呼ばれ、夏の星座のガイド役ともなっています。天の川をはさんで明るく輝く3つの1等星の美しさは、夏の星座の最大の見どころと言っても良いでしょう。夏休みの夜には、ほぼ一晩中楽しむことができますので、親子そろって夜空にうかぶ大きな三角形を探してみてください。

夏の大三角と七夕

7月7日、1年に1度だけ、七夕の夜に天の川をはさんで愛し合う2人が会うことができるという七夕伝説は、日本でもなじみの深い物語です。七夕の主人公、「ひこ星」と「おりひめ星」は、それぞれアルタイルとベガと言われています。

近年は、旧暦の7月7日(8月13日頃)を伝統的七夕と呼び、各地でイベントがされるようになってきました。夏休み中で晴れていることも多いため、夜空をながめる良いチャンスとなっています。

夏の大三角を作る星座件)