流星情報5月5日〜6日は、みずがめ座η(イータ ) 流星群がピークを迎えます!こと座や放射点の位置は88星座図鑑でチェック!
おすすめ1台で地球、星座、月が学べる画期的地球儀が新登場!見ていて楽しい地球儀です

からす座について
Corvus

春の星座早見表から春を代表する星座の1つ「からす座」についてご紹介します。

からす座
和名からす(烏)
学名Corvus
略符Crv
設定者プトレマイオス
概略位置赤経:12h20m / 赤緯:-18°
面積184平方度
20時正中 5月22日
南中高度 約36°
主な季節
肉眼星数約30個
星図 IAUの星図を見る
凡例
凡例

からす座は、うみへび(うみへび座)の背中に乗った真っ黒なカラスの姿を表した星座です。小さな四辺形(台形)をしたからす座は、昔、日本では、「四つ星」「かけ星」(帆がついた小さな船のように見えるため)という名で呼ばれていたこともあるそうです。

からす座には、2つの銀河が衝突して星々が昆虫の触角しょっかくのように伸びた形になった、アンテナ銀河と呼ばれるめずらしい天体があることでも知られています。

ギリシャ神話では、音楽の神アポロンの使いからすの物語があります。使いのからすは美しい白色の身体で、人間の言葉も話しました。アポロンとその妻コロニスの間を行き交い、二人の様子を伝え合っていました。ある日、からすはコロニスが浮気をしているとウソを付いてしまいました。怒ったアポロンは、コロニスの家から出てきた人影に矢を放ちましたが、その人影は愛するコロニスだったのです。アポロンは、からすを真っ黒な身体に変えて、空にはりつけにしました。

からす座を見つけよう

からす座の見つけ方

スタディスタイル★自然学習館オリジナルのスマートフォン向けアプリ「88星座図鑑」では、からす座の紹介に加え、からす座の見つけ方をイラスト入りで紹介しています。さらに、今の星座の場所や見え方を教えてくれる「星座レーダー」を使って、遊びながらからす座を見つけることができます。

88星座図鑑

フェイスブック