おすすめ【新製品】自由研究にぴったりの観察セット付きハンディ顕微鏡で、夏休みの自由研究を楽しもう!

夏の星座早見表

上の図は、5月の午前2時頃、6月の午前0時頃、7月の午後10時頃、8月の午後8時頃に見られる星座です。見たい方角を向き、上の図を見上げるようにして図の方角と実際の方角を合わせると、見たい星座のだいたいの位置がわかります。

夏の星座一覧

おもに、6月〜8月頃にかけて、夜にみやすい位置にある星座のことを「夏の星座」と呼んでいます。晴れわたる夏の夜空には、天の川あまのがわの流れにそって、はくちょう座こと座わし座さそり座などを見つけることができます。

夏の大三角と七夕

夏の星座でぜひご覧いただきたいトピックをご紹介します。

夏の大三角

夏の夜空を見上げると、うっすらと白く輝く天の川の中に、明るい5つの星が十字架じゅうじか の形に並んでいるのを見つけることができます。夏の星座の代表と言ってもよいはくちょう座です。はくちょう座は、明るい星が多く形も分かりやすいため、夏の星座ではもっとも見つけやすいので、夏の星座探しはここからスタートすると良いでしょう。

はくちょう座から、天の川にそって南に目を向けると、明るい1等星が2つ、天の川をはさんで輝いているのが見えます。わし座の1等星アルタイルとこと座の1等星ベガです。

7月7日、1年に1度だけ、七夕たなばたの夜に天の川をはさんで愛し合う2人が会うことができるという七夕伝説たなばたでんせつ は、日本でもなじみの深い物語です。七夕の主人公、「ひこ星」と「おりひめ星」は、それぞれアルタイルとベガと言われています。

近年は、旧暦の7月7日(8月13日頃)を伝統的七夕でんとうてきたなばたと呼び、各地でイベントがもよおされるようになってきました。夏休み中で晴れていることも多いため、夜空をながめる良いチャンスとなっています。

七夕伝説と星座

この2つの1等星とはくちょう座の1等星デネブを結んでできる大きな三角形を「夏の大三角なつのだいさんかく 」と呼び、夏の星座のガイド役ともなっています。天の川をはさんで明るく輝く3つの1等星の美しさは、夏の星座の最大の見どころと言っても良いでしょう。夏休みの夜には、ほぼ一晩中楽しむことができますので、親子そろって夜空にうかぶ大きな三角形を探してみてください。

夏の星座で、もう1つ見どころをあげるとしたら、さそり座。夏の夜の南の空低く、赤くあやしく光る星を見つけたら、それは、さそりの心臓にあたる1等星アンタレスです。アンタレスは、直径が太陽の700倍以上もある 赤色超巨星せきしょくちょうきょせい と呼ばれる星で、星の一生の最後に近づいている星と言われています。赤く輝くさそり座の1等星も、せひ、ご覧ください。

夏の星座を手のひらに

星座ハンター

夏の星座のトピックをスマートフォンで持ち歩きませんか?

スタディスタイル★自然学習館オリジナルのスマートフォン向けアプリ「88星座図鑑」なら、夏休みのキャンプなどで電波の届きにくい山奥に行っても、夏の星座の情報を簡単に調べることができます。星座にまつわる神話や、星座の見つけ方に加え、星座の場所や見え方を教えてくれる「星座レーダー」を使えば、遊びながら夏の星座を見つけることができます。夏の夜のひとときを星座アプリで楽しみませんか?

88星座図鑑

フェイスブック