流星情報12月14日は、ふたご座流星群がピークを迎えます!ふたご座や放射点の位置は88星座図鑑でチェック!
新製品リビング学習に最適!20cm球の国旗・よみがな付き地球儀!Xmasプレゼントにいかが?

南天の星座早見表

地球の北半球きたはんきゅうにある日本では、天の南極てんのなんきょく近くにある星座「南天なんてん の星座」にはあまり馴染みがないでしょう。南天の星座の多くは日本からは見ることができませんが、沖縄などの限られた地域でその一部を見ることができる星座もあります。

カメレオンやとびうお、はちぶんぎなど、ちょっと変わった星座が多いのは、その多くが17世紀以降に考えられたりまとめられたりした新しい星座であるためです。これらの星座の多くには神話も伝えられていません。ギリシャ神話に登場する星座に、南天の星座が登場しないのは、ヨーロッパでは南天の星座を見ることができなかったからでしょう。

南天の星座一覧

南半球みなみはんきゅう にあるオーストラリアでは、日本では馴染みのない星座をたくさん見ることができます。特に有名なのがみなみじゅうじ座でしょう。他にもコンパス座じょうぎ座ぼうえんきょう座など、どんな星座か見てみたくなるような星座がたくさんあります。南半球に旅行に行ったら、ぜひ、南天の星座を探してみて下さい。

南半球でも、日本から見えるオリオン座さそり座などを見ることができますが、日本から見るのとは違い、逆さまに見えます。これは、地球が丸いので、南半球では人間が逆さまに立っていることになるためです。

スタディスタイル★自然学習館では、南天にある星座で、日本からはその全体を見ることができない星座を「南天の星座」として分類しています。星座によっては、各季節の星座に分類されるものもあります。

南天の星座を手のひらに

南天の星座トピック

南天の星座のトピックをスマートフォンで持ち歩きませんか?

スタディスタイル★自然学習館オリジナルのスマートフォン向けアプリ「88星座図鑑」なら、いつでもどこでも、南天の星座の情報を簡単に調べることができます。星座にまつわるお話や、星座の見つけ方に加え、沖縄などの国内なら星座の場所や見え方を教えてくれる「星座レーダー」を使えば、遊びながら南天の星座を見つけることができます。すがすがしい秋の夜長を星座アプリで楽しみませんか?

88星座図鑑

フェイスブック