おすすめ【新製品】自由研究にぴったりの観察セット付きハンディ顕微鏡で、夏休みの自由研究を楽しもう!
おすすめただいま、対象地球儀をお買い上げ&ラッピングご利用で、オリジナル日本地図下敷きプレゼント中!ぜひ、ご利用ください

冬の星座早見表

上の図は、11月の午前2時頃、12月の午前0時頃、1月の午後10時頃、2月の午後8時頃に見られる星座です。見たい方角を向き、上の図を見上げるようにして図の方角と実際の方角を合わせると、見たい星座のだいたいの位置がわかります。

冬の星座一覧

おもに、12月〜2月頃にかけて、夜にみやすい位置にある星座のことを「冬の星座」と呼んでいます。すみきった夜空には、オリオン座おおいぬ座こいぬ座ふたご座などを見つけることができます。

冬の大三角

夏の星座でぜひご覧いただきたいトピックをご紹介します。

冬の大三角

冬の夜空では、明るく輝く3つの星がきれいに並んだ姿が目に付きます。オリオン座のベルトにあたる三つ星です。

オリオン座の1等星ベテルギウスと、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンを結んでできる大きな三角形を「冬の大三角ゆふのだいさんかく」と呼び、冬の星座のガイド役ともなっています。

冬の星座を手のひらに

冬の星座トピック

冬の星座のトピックをスマートフォンで持ち歩きませんか?

スタディスタイル★自然学習館オリジナルのスマートフォン向けアプリ「88星座図鑑」なら、いつでもどこでも、冬の星座の情報を簡単に調べることができます。星座にまつわる神話や、星座の見つけ方に加え、星座の場所や見え方を教えてくれる「星座レーダー」を使えば、遊びながら冬の星座を見つけることができます。澄みわたる冬の夜のひとときを星座アプリで楽しみませんか?

88星座図鑑

フェイスブック