流星情報12月14日は、ふたご座流星群がピークを迎えます!ふたご座や放射点の位置は88星座図鑑でチェック!
新製品リビング学習に最適!20cm球の国旗・よみがな付き地球儀!Xmasプレゼントにいかが?

秋の星座早見表

上の図は、9月の午前0時頃、10月の午前10時頃、11月の午後8時頃、12月の午後6時頃に見られる星座です。見たい方角を向き、上の図を見上げるようにして図の方角と実際の方角を合わせると、見たい星座のだいたいの位置がわかります。

秋の星座一覧

おもに、9月〜11月頃にかけて、夜にみやすい位置にある星座のことを「秋の星座」と呼んでいます。秋の夜長には、天高くかけるペガスス座アンドロメダ座ペルセウス座など、ギリシャ神話でもおなじみの星座たちを見つけることができます。

秋の大四辺形

秋の星座でぜひご覧いただきたいトピックをご紹介します。

秋の大四辺形

ギリシャ神話に登場する秋の星座の主人公たちは、神々と人間がおりなす壮大そうだいなストーリーで、私たちを神話の世界に案内してくれます。秋の夜長にギリシャ神話の世界にひたってみてはいかがでしょうか?

古代ギリシャの時代、大神ゼウスにより創られた人間の世界でのお話。古代エチオピア国王ケフェウス(ケフェウス座)と王妃カシオペヤ(カシオペヤ座)は娘である王女アンドロメダ(アンドロメダ座)を、美の神よりも美しいと自慢していました。これを知った神々は怒り、思い上がった人間達をこらしめるため、王女アンドロメダを海の怪物ティアマト(くじら座)の生け贄いけにえに差し出すよう要求します。

時を同じく、アルゴス国の王妃ダナエと大神ゼウスとの間に生まれたペルセウス(ペルセウス座)は、並外れた勇気と力を持つ勇者として、数々の冒険をしていました。そんな中、その顔を見た者はたちまち石になってしまうという恐ろしい魔女メドューサの退治に出かけます。見事、メドューサを退治し、メドューサの血から生まれた天馬てんまペガスス(ペガスス座)に乗り、故郷に帰る途中、生け贄にされそうになっているアンドロメダに出会います。

ペルセウスは、メドューサの首を持って海の怪物ティアマトに立ち向かい、メドューサの力で海の怪物を石に変えてしまいます。王女アンドロメダを救った勇者ペルセウスは、王女と結ばれ、アルゴス国の国王として活躍したとも言われています。

この有名な物語に登場する、ペガスス座とアンドロメダ座の4つの星を結んでできる大きな四角形を「秋の大四辺形あきのだいしへんけい」と呼び、秋の星座のガイド役ともなっています。秋の大四辺形のまわりには、物語の登場人物の星座が並んでいるので、探してみましょう。

また、この物語は、アドベンチャー映画の大作「タイタンの戦い」でも、より魅力的なお話として映画化されていますので、興味のある方は、ぜひ、映画もご覧ください。

秋の夜空をながめるのが楽しくなりますね。

秋の星座を手のひらに

秋の星座トピック

秋の星座のトピックをスマートフォンで持ち歩きませんか?

スタディスタイル★自然学習館オリジナルのスマートフォン向けアプリ「88星座図鑑」なら、いつでもどこでも、秋の星座の情報を簡単に調べることができます。星座にまつわる神話や、星座の見つけ方に加え、星座の場所や見え方を教えてくれる「星座レーダー」を使えば、遊びながら秋の星座を見つけることができます。すがすがしい秋の夜長を星座アプリで楽しみませんか?

88星座図鑑

フェイスブック