流星情報11月上旬は、おうし座流星群がピークを迎えます!星座の場所は88星座図鑑でチェック!
おすすめはじめての天体観測に!月や星の場所をガイドしてくれるスマホ対応天体望遠鏡が人気です!

オリオン座について
Orion

冬の星座早見表から冬を代表する星座の1つ「オリオン座」についてご紹介します。

オリオン座
和名オリオン
学名Orion
略符Ori
設定者プトレマイオス
概略位置赤経:5h20m / 赤緯:+3°
面積594平方度
20時正中2月5日
南中高度 約57°
主な季節
肉眼星数約200個
星図 IAUの星図を見る
凡例
凡例

冬を代表する星座の1 つであるオリオン座は、狩人オリオンの雄大な姿を表した星座です。きれいに並んだ三つ星や、M42オリオン大星雲をはじめとする数多くの星雲や星団があることでも知られています。

ギリシャ神話では、どんな猛獣でも仕留めることができた巨人オリオンの波乱にとんだ物語が何通りも伝えられています。

海神ポセイドンの息子オリオンは、美しく力も強い狩人でした。月と狩りの女神アルテミスと恋に落ち、幸せに暮らしていましたが、気性が強く、いつも自分が一番強いと自慢していました。神々はこれに怒って、オリオンを殺すために1匹のさそりをつかわしました。さそりは猛毒のある針でオリオンの足をさし、さすがのオリオンもさそりの毒には勝てず死んでしまいました。

消えゆく星ベテルギウス

オリオン座のαアルファ星ベテルギウスは、オリオン座の巨人が振り上げる右腕の脇下にあたる星で、おおいぬ座の1等星シリウス、こいぬ座の1等星プロキオンと合わせて冬の大三角を作っていることでも知られています。

地球から見える恒星こうせいの中で9番目に明るく(太陽をのぞく)、1.85等級とうきゅうという明るさで、赤く輝いて見えます。 オリオン座のもう一つの1等星リゲルよりも暗い星ですが、多くの天文学者が注目している星でもあります。

ベテルギウスは赤色超巨星せきしょくちょうきょせいと呼ばれる、もうすぐ星の寿命じゅみょうが終わろうとしている星です。半径が太陽の1,000倍もある巨大な恒星ですが、近年、その大きさが一気に小さくなり、形もゆがんで不安定になっていることから、もうすぐ爆発して星の寿命を迎えると考えられています。

太陽から640光年こうねんという距離にあり、星の光が私たちに届くまでに640年もかかるため、今見えている光は640年前にベテルギウスが発した光です。もしかするとベテルギウスはもう無くなっているかもしれないのです。オリオン座は形を変えてしまうかもしれませんね。

オリオン座流星群りゅうせいぐん 2014

毎年、10月下旬に活発になる流星群りゅうせいぐんで、輻射点ふくしゃてんがオリオン座の中にあります。

この流星群の母彗星ぼすいせいは、有名なハレー彗星です。

10月21日頃に極大きょくだいとなり(年により異なります)、1時間に100個ほどの流星が見られた年もありましたが、近年は数十個ほどになっています。数は減ってきていますが、明るい流星が多いので見応えのある流星群です。

2014年は10月22日午前1時頃に極大となる予想です。月明かりの影響がなく、とても良い条件となります。1時間に30個程度の流星が観測できるかもしれません。

オリオン座流星群の輻射点(2014年10月22日午前1時の東京)

流星は、輻射点を中心に四方八方へ飛び出すように流れて見えます。輻射点の近くでは流星は短く、離れるほど長くなって見えます。また、輻射点の高度が高いほど流星は見えやすくなります。

オリオン座を見つけよう

オリオン座の見つけ方

スタディスタイル★自然学習館オリジナルのスマートフォン向けアプリ「88星座図鑑」では、オリオン座の紹介に加え、オリオン座の見つけ方をイラスト入りで紹介しています。さらに、今の星座の場所や見え方を教えてくれる「星座レーダー」を使って、遊びながらオリオン座を見つけることができます。

88星座図鑑

フェイスブック