2023年4月20日の日中、沖縄、九州南部、四国南部、紀伊半島南部、東海から関東の海岸で部分日食が見られます。面積にすると最大でも7%程度が欠ける規模の小さなものとなります。

日食とは

日食は、地球太陽の間にが入り、太陽がられて見える現象です。

太陽の光が月に遮られると地球上に影ができます。この影には、太陽が完全にかくれ月の影の濃くなる本影と、光の一部が遮られ月の影の薄くなる半影があります。

観測する地域が本影、半影のどちらに入るのか、また、太陽、地球、月の位置関係によって、おもに部分日食皆既日食金環日食に分けられます。

日食のしくみ
図:日食のしくみ

2023年4月20日の部分日食

東南アジア、オーストラリア地域で起こる金環皆既日食に伴うもので、日食の限界付近を通る、沖縄、九州南部、四国南部、紀伊半島南部、東海から関東の海岸に限り部分日食を見ることができます。沖縄県那覇市でも最大食分0.150(面積比0.068)と僅かに欠ける程度ですが、次に日本で日食が見られるのが2030年になるので、貴重な日食となります。

観察には日食グラスを利用し、直接太陽を見ないように注意しましょう。天体望遠鏡で直接太陽を見ると失明する危険があるので、天体望遠鏡では、決して太陽を見ないようにしましょう。

那覇では、太陽が西の空高くにある午後1時35分頃から、太陽の左下から少しずつ欠け初めます。日食の開始から46分程経過した午後2時21分に食の最大となりますが、欠ける部分は面積比で約6.8%程度と規模は大きくありません。その後、欠ける部分は太陽の左上に移動しながら小さくなっていき、午後3時5分頃に日食が終わります。