流星情報10月21日〜22日は、オリオン座流星群がピークを迎えます!オリオン座や放射点の位置は88星座図鑑でチェック!

へびつかい座について
Ophiuchus

夏の星座早見表から夏を代表する星座の1つ「へびつかい座」についてご紹介します。

へびつかい座
和名へびつかい(蛇遣い)
学名Ophiuchus
略符Oph
設定者プトレマイオス
概略位置赤経:17h10m / 赤緯:-5°
面積948平方度
20時正中 8月4日
南中高度 約49°
主な季節
肉眼星数約160個
星図 IAUの星図を見る
凡例
凡例

へびつかい座は、へび(へび座)にからみつかれる医神アスクレピオスの姿を表した星座です。夏の夜、さそり座の上に大きな将棋しょうぎこまのような形に並んだ星がへびつかい座です。

ギリシャ神話では、優れた医者であったアスクレピオスの物語が伝えられています。音楽の神アポロンと人間の間に生まれたアスクレピオスは、医者として多くの人々を救いました。しかし、人間はいつかは死ぬもの。アスクレピオスは不老不死ふろうふしを求めて研究を重ね、ついに死者をよみがえらせることができるようになりました。死者の国を司る神々は、これに怒り、アスクレピオスを殺して星座にしたと言われています。

へびつかい座を見つけよう

へびつかい座の見つけ方

スタディスタイル★自然学習館オリジナルのスマートフォン向けアプリ「88星座図鑑」では、へびつかい座の紹介に加え、へびつかい座の見つけ方をイラスト入りで紹介しています。さらに、今の星座の場所や見え方を教えてくれる「星座レーダー」を使って、遊びながらへびつかい座を見つけることができます。

88星座図鑑

フェイスブック