こと座について

こと座

こと座(琴座)は、楽器のたての形を表した星座です。七夕の「おりひめ星」として知られるベガはこと座の1等星で、ひときわ白く輝くベガと、4つの星からなる平行四辺形が、たて琴の形を作る小さな星座です。

また、こと座には、毎年4月下旬に活発になる4月こと座流星群があります。

こと座 基本データデータの見方

和名こと座(琴座)
学名Lyra
略符Lyr
設定者プトレマイオス(トレミー)
概略位置赤経:18h45m0s 赤緯:+36°
面積286平方度
20時正中8月28日ごろ
正中高度約90°
主な季節
肉眼星数約80個

こと座にまつわる神話

ギリシャ神話では「オルフェウスのたて琴」として悲しい物語が伝えられています。

音楽の神アポロンの子、オルフェウスは琴の名手で、美しい妻エウリディケと幸せに暮らしていました。ある日、エウリディケは草むらに隠れていた毒蛇にかまれ死んでしまいました。

オルフェウスは妻の後を追い死の国へおりて行き、妻を帰してくれるよう願い美しい琴をでました。美しい琴の音に心をうたれた冥土の神プルートンは、地上に出るまで振り返らないという約束でエウリディケを帰してくれることになりました。

エウリディケを連れたオルフェウスは、もうすぐ地上に出るというところで、うれしさのあまりつい振り返って妻の姿を見てしまいます。約束をやぶったため、エウリディケは再び死の国へ引き戻されてしまいました。悲しみに暮れたオフフェウスが死をえると、大神ゼウスはこれをれみ、彼の琴を「こと座」として天の星座にしました。

こと座の見つけ方

こと座の見つけ方
図:こと座の見つけ方

夏の夜空に、こと座を探してみませんか?

夏の大三角はくちょう座をガイドにした、こと座の見つけ方、夏を代表する星座たちの見つけ方をご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

季節の星座一覧件)