春の星座早見表

データ読み込み中...
春の星座
使い方
星座線の表示/非表示を切り替えます
星座名の表示/非表示を切り替えます
星座領域の表示/非表示を切り替えます
季節の星座のトピックの表示/非表示を切り替えます

各星座をクリックすると、星座が領域と共に強調表示されます。さらにクリックすると星座の解説ページへ移動します。

春の星座とは

春の星座とは、おもに3月〜5月頃にかけて、夜に見やすい位置にある星座です。北斗七星で有名なおおぐま座からうしかい座おとめ座へと伸びる春の大曲線しし座を加えた春の大三角12星座占いでおなじみのかに座など、春を代表する星座がまだ寒さの残る春の夜空を彩ります。

また、春の星座には、88星座の中で大きさトップ3に入るうみへび座、おとめ座、おおぐま座があり、春は見ごたえのある季節でもあります。

上の全天図は、2月の午前2時頃、3月の午前0時頃、4月の午後10時頃、5月の午後8時頃に東京で見られる春の星座です。見たい方角を向き、上の図を見上げるようにして図の方角と実際の方角を合わせると、見たい星座のだいたいの位置がわかります。

春の星座(南の空)

上の図は、全天図と同じ日時に、東京で東西南北の各方向を向いたときに見える星空です。見たい星座がどの方角に見えるのかあらかじめ調べておくと良いでしょう。

春の星座一覧14件)

春の星座の見つけ方

北斗七星、うしかい座アークトゥルスおとめ座スピカを結ぶ大きなカーブは「春の大曲線」と呼ばれ、春の星座のガイド役ともなっています。

また、春の夜空に輝く3つの星、うしかい座のアークトゥルス、おとめ座のスピカ、しし座のデネボラを結んでできる大きな三角形を「春の大三角」と呼び、春の夜空に壮大な図形を浮かび上がらせています。

春の夜空をる星座たちを、探してみましょう。