4月こと座流星群について

4月こと座流星群は、放射点こと座ヘルクレス座境界付近にある流星群
4月中旬〜下旬にかけて活発となり、4月22日~23日頃に極大となります(年により異なります)。以前は、こと座流星群と呼ばれていましたが、現在は正式に4月こと座流星群と呼ばれるようになりました。

1時間に10個ほどの流星が見られますが、年によって数が大きく異なります。出現数の少ない流星群ですが、比較的速度の速い明るい流星も多く、火球が見られることもあるので、春の夜空を気長にめてみてはいかがでしょうか。

基本データデータの見方

4月こと座流星群と放射点
図:4月こと座流星群と放射点
表:4月こと座流星群データ
和名4月こと座流星群
学名 April Lyrids (006 LYR)
出現期間 4月14日~4月30日(IMO)
極大日 4月23日10時(2023年)
放射点 赤経:18h4m0s 赤緯:+34°
星座こと座
母天体サッチャー彗星 (C/1861G1 Thatcher)
ZHR18
出現数1時間に5~10個
速さ中(49Km/秒)
  • 2023年
  • 2022年

4月こと座流星群 2023年4月23日に極大

4月こと座流星群は、4月14日〜30日かけて活発となり、4月23日午前10時頃(前後する場合があります)に 極大 となる予想です。極大が日中になってしまいますが、新月過ぎの細い月(月齢2前後)が午後9時前には沈んでしまうため、月明かりの影響が無く、観測には比較的良い条件となります。放射点が高く昇る23日深夜から明け方にかけてが観測のチャンスとなり、1時間に5〜6個の出現となるでしょう。

東京では、4月22日午後8時前に放射点が北東の空に昇り、極大に向けてどんどん高度を上げていきます。放射点が昇って1時間ほどで月が沈むため、月明かりの影響はありません。極大となる午前4時頃には放射点が天頂付近まで昇るので、天頂から空全体に目を向けることで、明るい流星を見つけることができるかもしれません。

4月こと座流星群 2022年4月23日に極大

4月こと座流星群は、2022年4月23日午前4時頃(前後する場合があります)に極大となる予想です。極大の時刻には、放射点は南の空のほぼ天頂まで昇ります。放射点が最も高く昇る時間帯に極大が重なるのですが、深夜1時前には下弦の半月が昇ってくるため、月明かりの影響が大きく、観測にはあまり良い条件ではありません。月が昇る前の午後11時〜午前0時が観測のチャンスとなりますが、放射点がまだ低いため、1時間に5〜6個の出現となるでしょう。

流星観測の条件は良くありませんが、午前2時過ぎから、月の後を追うように土星火星金星海王星木星が次々と昇り、一列に並ぶ姿を見ることができます。春の夜空、夜明けまでの3時間に見られる月と惑星の美しい共演をお見逃しなく。

東京では、4月22日午後7時半頃に放射点が北東の空に昇り、極大に向けてどんどん高度を上げていきます。23日午前0時半過ぎに月(月齢21前後)が昇り、極大の頃には南の空を照らしてしまいます。月明かりで流星が見えにくくなりますが、極大となる午前4時頃には放射点が天頂付近まで昇るので、月を背に天頂から北の方向を見るようにすることで、明るい流星を見つけることができるかもしれません。

4月こと座流星群 観測のポイント

4月こと座流星群は、放射点がほぼ天頂まで昇るため、流星が真上から四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えます。全ての方向に流れるため、寝そべって空全体をぼんやりと眺めるようにすると良いでしょう。木々に囲まれた山の上より、できるだけ空が大きく見渡せる開放的な場所が適しています。

明るい月が出ている時は、月を背にして、暗い方の空を眺めるようにしましょう。放射点の近くでは流星は速く短く、放射点から離れるほど長くなって見えます。

4月下旬と言えど、夜はまだ冷えますので、寒さ対策にも気を付けて、春の流星群を楽しみましょう。