外惑星の動き

太陽系惑星のうち、地球より外側をまわる惑星を外惑星と呼びます。

外惑星が、地球をはさんで太陽の反対側にある時をと呼びます。この時、惑星は地球に最も近づくため明るく見え、観測のチャンスとなります。反対に太陽をはさんで地球の反対側にある時をと呼びます。この時、惑星は地球から最も遠ざかります。

外惑星の衝と合
図:外惑星の衝と合

内惑星の動き

太陽系の惑星のうち、太陽と地球の間をまわる惑星を内惑星と呼びます。

内惑星では衝は無く、合は内合外合の2つになります。内惑星の見かけの位置は太陽からあまり離れることはなく、太陽の東側で最も離れて見える時を東方最大離角、西側の場合を西方最大離角と呼びます。また、内惑星は、のように満ち欠けをします。

金星は、東方最大離角付近にあるときには夕方の西の空に「宵の明星」として見え、西方最大離角付近にあるときには、明け方の東の空に「明けの明星」として見えます。

内惑星の合と最大離角
図:内惑星の合と最大離角