データ読み込み中...

星図
+ 天頂
場所
日時
高度
範囲

※背景の星空はイメージです。実際の星空とは異なります。

使い方
星座を構成する星の表示/非表示を切り替えます
星座線の表示を以下の順番で切り替えます
1:88星座図鑑定義線
2:国際天文学連合定義線
3:非表示
星座絵の表示/非表示を切り替えます
主要な恒星名称の表示/非表示を切り替えます
星座領域の表示/非表示を切り替えます
星座絵 星空 星空

かじき座について

かじき座(旗魚座)は、く長い上あごを持つ魚「かじき」の姿を表した星座です。

おもに南半球で見ることができる南天の星座で、もともとは「シイラ(魚の名前)」または「金魚」であったものが、いつのまにか「かじき」と呼ばれるようになったもののようです。

かじき座は、大マゼラン銀河の大部分を含むことでも知られています。銀河の残りの部分はテーブルさん座にあります。

かじき座 基本データデータの見方

和名かじき座(旗魚座)
学名Dorado
略符Dor
設定者ヨハン・バイエル
概略位置赤経:5h0m0s 赤緯:-60°
面積179平方度
20時正中1月30日ごろ
正中高度約-6°
主な季節
肉眼星数約30個
星座絵

かじき座にまつわる神話

新しい星座なので神話はありません。

季節の星座一覧件)