いっかくじゅう座について

いっかくじゅう座

いっかくじゅう座(一角獣座)は、がある一角獣ユニコーンの姿を表した、冬に見やすい星座の1つです。ユニコーンとは、つかまえると幸運がれると信じられていた伝説の生き物です。

17世紀にドイツの天文学者バルチウスによって設定された新しい星座で、冬の大三角の真ん中という目立つ場所にありますが、4等星がいくつかあるだけの見つけにくい星座です。

いっかくじゅう座 基本データデータの見方

和名いっかくじゅう座(一角獣座)
学名Monoceros
略符Mon
設定者ヤコブス・バルチウス
概略位置赤経:7h0m0s 赤緯:-3°
面積482平方度
20時正中3月2日ごろ
正中高度約51°
主な季節
肉眼星数約130個

いっかくじゅう座にまつわる神話

新しい星座なので神話はありません。

季節の星座一覧件)