冬の大三角とは

冬の大三角は、オリオン座の1等星ベテルギウスと、おおいぬ座の1等星シリウスこいぬ座1等星プロキオンを結んでできる大きな三角形で、冬の大三角形とも呼ばれています。冬の夜空をるこの壮大な図形は、冬の星座のガイド役として知られています。

冬の大三角と冬のダイヤモンド
図:冬の大三角と冬のダイヤモンド

冬の夜空では、明るく輝く3つの星がきれいに並んだ姿が目に付きます。オリオン座のベルトにあたる三つ星です。

冬の星座の代表でもあるこのオリオン座の右肩にあるαベテルギウスと、おおいぬ座αシリウスこいぬ座αプロキオンを結んでできる大きな三角形は「冬の大三角(冬の大三角形)」と呼ばれ、冬の星座のガイド役ともなっています。

冬のダイヤモンドとは

おおいぬ座のα星シリウス、オリオン座のβ星リゲル、おうし座αアルデバランぎょしゃ座α星カペラ、ふたご座β星ポルックス、こいぬ座のα星プロキオン、この6つの1等星を順に結んでいくと六角形が作られます。この六角形は「冬の大六角形」または「冬のダイヤモンド」と呼ばれ、「冬の大三角」と共に冬の夜空を彩ります。

冬の大三角、冬のダイヤモンドを作る星座件)