月食のしくみ

月食とは、太陽の間に地球が入り、地球の影が月全体または一部をかくし、欠けたように見える現象です。

月食は、満月の時に見られる現象で、日食とは違って、月が見える場所であれば世界各地で同時に見ることができます。

月食
イメージ:月食
月食のしくみ
図:月食のしくみ

月食の種類

太陽の光が地球にられてできる影には、光が全く届かない本影と、その周辺にうっすらと明るく広がる半影があります。月食は、月が本影の中に入る時の位置によって大きく2つに分けられます。

この他にも、半影の中に月が入っている状態を半影月食(半影食)と呼びます。半影食では、月がわずかに暗くなりますが、ほとんど気が付かないかもしれません。

月食を見よう

月食は、双眼鏡天体望遠鏡を使わずに肉眼でも見ることができます。満月はとても明るいので、長い時間見続けず、眼を休めながら観察します。

皆既月食の場合、月全体が地球の影の中に入っても完全に見えなくなることは無く、暗く赤みがかって見えるので、とても神秘的です。

これから日本で見られる主な月食をまとめました。

表:日本でこれから見られるおもな月食
日付種類
2021年5月26日皆既月食
2021年11月19日部分月食
2022年11月8日皆既月食
2023年10月29日部分月食
2025年3月14日部分月食
2025年9月8日皆既月食
2026年3月3日皆既月食
2028年7月7日部分月食