カシオペヤ座について

カシオペヤ座

カシオペヤ座は、イスに座る古代エチオピア王妃カシオペヤの姿を表した星座です。大きなW(またはM)の形をしていることでも知られ、北極星を中心に北斗七星があるおおぐま座の反対側に位置していて、北極星を探す道しるべとしても利用されています。

カシオペヤ座 基本データデータの見方

和名カシオペヤ座
学名Cassiopeia
略符Cas
設定者プトレマイオス(トレミー)
概略位置赤経:1h0m0s 赤緯:+60°
面積598平方度
20時正中12月1日ごろ
正中高度約N66°
主な季節
肉眼星数約150個

カシオペヤ座にまつわる神話

ギリシャ神話では、アンドロメダ姫の母、古代エチオピア王妃カシオペヤとして登場します。

アンドロメダ座でご紹介したとおり、美しい姫を自慢したカシオペヤは、神々の怒りをかい、そのとしてイスにりつけられたままの姿で星座にされてしまいました。カシオペヤ座は、地平線に沈むことなく北極星のまわりを回り続けています。

カシオペヤ座の見つけ方

カシオペヤ座の見つけ方
図:カシオペヤ座の見つけ方

秋の夜空に、カシオペヤ座を探してみませんか?

秋の大四辺形をガイドにした、カシオペヤ座の見つけ方、秋を代表する星座たちの見つけ方をご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

季節の星座一覧件)