おおいぬ座について

おおいぬ座

おおいぬ座(大犬座)は、猟犬の姿を表した星座です。冬の夜空で、ひときわ青白く輝く星、おおいぬの口元にあるαシリウスは、古代には神としてもあがめられました。

おおいぬ座 基本データデータの見方

和名おおいぬ座(大犬座)
学名Canis Major
略符CMa
設定者プトレマイオス(トレミー)
概略位置赤経:6h40m0s 赤緯:-24°
面積380平方度
20時正中2月25日ごろ
正中高度約30°
主な季節
肉眼星数約140個

おおいぬ座にまつわる神話

ギリシャ神話では、こいぬ座と一緒の物語に登場し、狩人オリオンが連れていた猟犬と言われています。

他にも、って女神たちの水浴びの姿を見てしまったことで鹿に姿を変えられ、連れていた猟犬におそわれ死んでしまった狩人アクタイオンの物語も伝えられています。

おおいぬ座の見つけ方

おおいぬ座の見つけ方
図:おおいぬ座の見つけ方

冬の夜空に、おおいぬ座を探してみませんか?

冬の大三角をガイドにした、おおいぬ座の見つけ方、冬を代表する星座たちの見つけ方をご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

季節の星座一覧件)