春の大曲線とは

春の大曲線は、北斗七星の柄の部分から線をのばし、うしかい座の1等星アークトゥルスおとめ座の1等星スピカを結んでできる大きな曲線です。春の夜空をるこの壮大な図形は、「春の大三角」とともに春の星座のガイド役として知られています。

春の大曲線、春の大三角
図:春の大曲線と春の大三角

北斗七星の柄の部分にあたる3つの星からカーブを描くように線を伸ばしていくと、ひときわ明るい星が見つかります。うしかい座αアークトゥルスです。さらに伸ばしていくとおとめ座αスピカにたどりつきます。北斗七星、アークトゥルス、スピカを結ぶ大きなカーブは「春の大曲線」と呼ばれ、春の星座のガイド役ともなっています。

春の大三角とは

春の大三角は、春の夜空に輝く3つの星、うしかい座αアークトゥルスおとめ座αスピカしし座β星デネボラを結んでできる大きな三角形で、春の大三角形とも呼ばれています。「春の大曲線」とともに春の夜空に壮大な図形を浮かび上がらせています。

春の大曲線、春の大三角を作る星座件)