オリオン座について

オリオン座

オリオン座は、ギリシャ神話に登場する狩人オリオンの雄大な姿を表した、冬を代表する星座の1つです。プトレマイオスの48星座の1つで、きれいに並んだ三つ星や、M42オリオン大星雲をはじめとする数多くの星雲星団があることでも知られています。

オリオン座の巨人が振り上げる右腕の脇の下にあたる1等星ベテルギウスは、赤色超巨星と呼ばれる恒星で、もうすぐ爆発して星の寿命を迎えると考えられています。このベテルギウスとおおいぬ座の1等星シリウスこいぬ座の1等星プロキオンと合わせて冬の大三角を作っていることでも知られています。

また、オリオン座には、有名なハレー彗星を母彗星とするオリオン座流星群があり、毎年、10月下旬に活発になります。

オリオン座 基本データデータの見方

和名オリオン座
学名Orion
略符Ori
設定者プトレマイオス(トレミー)
概略位置赤経:5h20m0s 赤緯:+3°
面積594平方度
20時正中2月4日ごろ
正中高度約57°
主な季節
肉眼星数約200個

オリオン座にまつわる神話

ギリシャ神話では、どんな猛獣でもしとめることができた巨人オリオンの波乱にとんだ物語が何通りも伝えられています。

海神ポセイドンの息子オリオンは、美しく力も強い狩人でした。

月と狩りの女神アルテミスと恋に落ち、幸せに暮らしていましたが、気性が荒く、いつも自分が一番強いと自慢していました。神々はこれに怒って、オリオンを殺すために1匹のさそりをつかわしました。さそりは猛毒のある針でオリオンの足をさし、さすがのオリオンもさそりの毒には勝てず死んでしまいました。

オリオン座の見つけ方

オリオン座の見つけ方
図:オリオン座の見つけ方

冬の夜空に、オリオン座を探してみませんか?

冬の大三角をガイドにした、オリオン座の見つけ方、冬を代表する星座たちの見つけ方をご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

季節の星座一覧件)