うお座について

うお座

うお座(魚座)は、誕生星座(魚座生まれ2/19~3/20)で知られる黄道十二星座の1つで、その名のとおり魚の姿を表した星座です。1匹の魚の姿ではなく、2匹の魚がヒモで結びつけられたような姿をしています。2世紀にプトレマイオスによりまとめられた48星座の1つで、秋の夜に南の空高くのぼった秋の大四辺形のすぐ南東側に「く」の字の形に星が並んでいます。

暗い星ばかりでできているため、見つけにくいかもしれませんが、天文学上の座標の原点となる春分点が、現在、うお座の中にあることから注目されています。

うお座 基本データデータの見方

和名うお座(魚座)
学名Pisces
略符Psc
設定者プトレマイオス(トレミー)
概略位置赤経:0h20m0s 赤緯:+10°
面積889平方度
20時正中11月21日ごろ
正中高度約64°
主な季節
肉眼星数約130個

うお座にまつわる神話

ギリシャ神話では、愛と美の女神アフロディーテと、その息子エロスが、川の岸辺怪獣テュフォンにおそわれた時に、魚に姿を変えて川に飛び込んでにげた時の姿と言われています。

ればなれにならないように、アフロディーテはエロスと自分の身体をヒモで結んだとされています。

うお座の見つけ方

うお座は、11月下旬の午後8時頃には南の空70°ほどの高さまで登り、見ごろを迎えます。南の空高く、目印となる秋の大四辺形を見つけたら、北西の星シェアトから南東の星アルゲニブを結んだ線をさらに南東へのばすと、明るい星を頂点にうお座の星が「く」の字を描くように並んでいます。

黄道十二星座であるうお座は、黄道に沿って東におひつじ座、西にみずがめ座が並びます。

※上の星図は20時正中時の星空を表しています。半月前の21時、1ヶ月前の22時、2ヶ月前の24時とほぼ同じ星空となります。

秋の大四辺形をガイドにした、うお座の見つけ方、秋を代表する星座たちの見つけ方をご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

12星座占いと魚座

魚座サイン

愛と美の女神アフロディーテとエロスの化身である魚座。魚座生まれ(誕生日2/19~3/20)の人は、寛容で優しくロマンチック、人との調和を尊重します。感性が豊かで柔軟なため、他人の影響を受けやすい面もあります。自己犠牲もいとわずに他人を助けることに喜びを覚える慈悲深さがあります。和を重んじるために自分を抑えるため、自分が無いとか優柔不断と見られることもあるようです。

12星座一覧件)