しし座流星群について

しし座流星群は、毎年、11月中旬に活発になる流星群で、放射点しし座の首元にあたるγ星付近にあります。この流星群の母彗星は、33年周期でまわるテンペル・タットル彗星 (55P/Tempel-Tuttle)です。

11月17日~18日頃に極大となり(年により異なります)、普段は速度の速い流星が1時間に数個〜十数個ほど見られる中規模の流星群ですが、年により1時間に数千個を超える流星雨(流星嵐)が出現することでも知られています。イギリスの天文学者デイヴィッド・アッシャーらによる流星雨の出現予測に関するダストレイル理論の確立にも貢献し、天文学の分野でも注目される流星群の一つです。

約33年に一度、母彗星が太陽に回帰する時期には流星雨になることもあり、古くからヨーロッパやアメリカを中心に大出現の記録がいくつも残されています。日本でも2001年に流星が大出現する流星雨になり話題となりました。その後は、あまり活発な動きはありません。

基本データデータの見方

しし座流星群と放射点
図:しし座流星群と放射点
表:しし座流星群データ
和名しし座流星群
学名Leonids (013 LEO)
出現期間

11月6日~11月30日(IMO)

極大日11月18日14時(2023年)
放射点 赤経:10h8m0s 赤緯:+21.6°
星座しし座
母天体テンペル・タットル彗星 (55P/Tempel-Tuttle)
ZHR10〜15
出現数1時間に10~30個
速さ速い(71Km/秒)
  • 2023年
  • 2022年

しし座流星群 2023年

しし座流星群は、11月6日〜30日にかけて活発となり、11月18日午後2時頃(前後する場合があります)に極大となる予想です。新月過ぎの細い月(月齢4前後)が午後8時前後には沈んでしまうため月明かりの影響は無いのですが、極大の時刻が昼間となってしまうため、観測にはあまり良い条件とは言えません。

放射点が高くなる18日深夜から未明、または、19日深夜から未明が観測のチャンスとなります。1時間に5〜10個程度の流星が見られると予想されています。流星痕が残る流星も多く、明るい火球が見られるかもしれません。

近年、流星雨の出現予測に使われるダストレイル理論による計算では、極大を過ぎた21日21時頃にも活発になる予想(1767 dust trail, ZHR10-15)が出ていますので、極大日を過ぎても観測のチャンスがあります。

東京では11月17日の午後11時頃にしし座と共に放射点が東北東の空に昇り、その後、放射点は次第に高度を上げ、夜明け前の18日午前6時過ぎに最も高くなります。月明かりの心配が無いので、できるだけ空全体に目を向けながら観測すると良いでしょう。

しし座流星群 2022年

しし座流星群は、11月6日〜30日にかけて活発となり、11月18日午前8時頃(前後する場合があります)に極大となる予想です。極大の時刻が夜明け後となり、さらに、月がしし座の中にあるため、観測にはあまり良い条件とは言えませんが、下弦過ぎの比較的暗い月(月齢23前後)のため心配するほどの大きな影響はないでしょう。

放射点が高くなる18日深夜から未明が観測のチャンスとなり、月明かりを避けながら観測することで、1時間に5〜10個程度の流星が見られると予想されています。流星痕が残る流星も多く、明るい火球が見られるかもしれません。

近年、流星雨の出現予測に使われるダストレイル理論による計算では、極大を過ぎた19日15時頃に流星雨(1733 dust trail, ZHR200+)の予想が出ていますが、日中であり日本での条件も悪く観測は難しいでしょう。22日0時にも流星雨(1800 dust trail)の予想が出ていますが、規模は小さい見込みです。2022年は極大日を過ぎても目を離せませんね。

この時期、放射点から西へ目をやると、おうし座の2本の角の間に、12月1日の最接近を控え大きくなった火星が赤く明るく輝いている姿を見ることができます。

東京では11月17日の午後11時前にしし座と共に放射点が東北東の空に昇り、その後、放射点は次第に高度を上げ、夜明け前の18日午前6時過ぎに最も高くなります。放射点が昇って1時間ほどで下弦の月が昇り、放射点の近くを一緒に移動していくため、月明かりが少し邪魔になります。月を背にしてできるだけ空全体に目を向ける事が観測のポイントとなります。