3大流星群の1つである「ふたご座流星群」は、12月4日〜17日にかけて活発となり、2024年12月14日午前10時頃(前後する場合があります)に極大となる予想です。月明かりの影響が大きく、観測には悪い条件ですが、西の方角にある放射点の高度が高くなる14日深夜0時〜14日未明までが観測のチャンスです。

条件は良くありませんが、深夜には天頂付近から四方八方に降るように流れる流星が1時間に30個ほど見られると予想されています。寒さ対策をしっかり行って流れ星を探してみましょう。

ふたご座流星群について

ふたご座流星群は、放射点ふたご座α星カストル付近にある流星群です。
12月中旬に活発になり、12月14日頃に極大となります(年により異なります)。しぶんぎ座流星群ペルセウス座流星群と並び3大流星群の1つにもなっています。

深夜に放射点が天頂付近まで高く昇るため、上から流星が降ってくるように見えるのも特長の1つとなっています。条件が良ければ1時間に40〜50個ほどの流星が見られる安定した流星群です。近年はペルセウス座流星群にせまる出現となる年もあり、注目されています。

基本データデータの見方

ふたご座流星群と放射点
図:ふたご座流星群と放射点
表:ふたご座流星群データ
和名ふたご座流星群
学名Geminids (004 GEM)
出現期間12月4日~12月17日(IMO)
極大日12月14日10時(2024年)
放射点赤経:7h28m0s 赤緯:+32°
星座ふたご座
母天体小惑星(3200)ファエトン (3200 Phaethon)
ZHR150
出現数1時間に30個~
速さ中(35Km/秒)
  • 2024年
  • 2023年

ふたご座流星群 2024年12月14日に極大

ふたご座流星群は、12月4日〜17日にかけて活発となり、12月14日午前10時頃(前後する場合があります)に極大となる予想です。極大が日中で、満月直前の月が一晩中昇っているため、月明かりの影響もあり、観測にはあまり良い条件とは言えません。

放射点が高く昇る14日深夜0時から明け方までが見頃となりますが、月明かりが邪魔になるので、月を背にしてできるだけ空全体に目を向ける事が観測のポイントとなります。

この頃、放射点の南には冬の大三角が、西にはおうし座の2本の角の間で明るく輝く木星(約-2.8等級)が、東には赤い火星(約-0.8等級)が輝いているので、賑やかな星空となっています。

東京では、12月13日の午後6時頃に放射点が北東の空に昇ります。この時すでに、満月前の明るい月(月齢12前後)が昇っていて、月明かりが邪魔になります。その後、放射点は次第に高度を上げ、14日午前2時過ぎに最も高く、天頂付近まで昇ります。放射点が高く昇っている14日午前1時〜4時頃まで、または月が沈む午前5時〜明け方までが観測のチャンスとなります。

ふたご座流星群 2023年12月15日に極大

ふたご座流星群は、12月4日〜17日にかけて活発となり、12月15日午前4時頃(前後する場合があります)に極大となる予想です。極大の時刻には、放射点は西の空60度ほどの高さにあり、さらに月明かりの影響がまったく無いため、観測にはとても良い条件となります。放射点も一晩中昇っているので、深夜には、天頂付近から四方八方に降るように流れる流星が、1時間に40〜50個(条件が良ければ70個)ほど見られるかもしれません。

東京では、12月14日の午後6時頃に放射点が北東の空に昇り、その後、放射点は次第に高度を上げ、15日午前2時過ぎに最も高く、天頂付近まで昇ります。月は午後5時半過ぎには沈んでしまうので、放射点が高くなる14日午後10時〜15日未明までが観測のチャンスとなります。

ふたご座流星群 観測のポイント

ふたご座流星群は、3大流星群の中では最も活動が安定していて見やすい流星群です。放射点が夕方から明け方まで一晩中昇っているので、長い時間にわたって観測することができます。流星自体には大きな特長はありませんが、午前2時頃には放射点が天頂付近まで高く昇るため、まるで流星が真上から降ってくるように見えるので、この時間帯での観測がオススメです。

流星は、放射点を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えるため、空全体を眺めるのがポイント。木々に囲まれた山の上より、できるだけ空が大きく見渡せる開放的な場所で観測しましょう。月が出ている時は、月を背にして、暗い方の空を眺めるようにしましょう。放射点の近くでは流星は速く短く、放射点から離れるほど長くなって見えます。

×

画像のご利用について

下記の対象・利用条件にご同意いただける場合のみ、本画像の転載を許諾致します。
詳しくはこちらをお読み下さい

許諾対象

公共機関、教育機関を含む非営利団体、個人

許諾条件

  1. 非営利目的でのご利用に限ります(企業サイトは不可)
  2. ご利用は1つのサイト(冊子)に付き3点までと致します
  3. 画像内のクレジットは削除できません
  4. リサイズ以外の加工はできません
  5. 画像の近くに下記のクレジット表記およびリンクの設置が必要です
 

※利用条件外、営利目的での利用をご希望の場合は、別途、メールにてお問い合わせください。