ろくぶんぎ座について

ろくぶんぎ座

ろくぶんぎ座(六分儀座)は、航海天体観測に使う測量器具の1つ六分儀の形を表した星座です。ポーランドの天文学者ヘベリウスにより設定された新しい星座です。

しし座の1等星レグルスとうみへび座の2等星アルファルドの間にある暗く小さな星座で、うみへび座の背にのったコップ座の西側にあります。災難にあわないように、しし座とうみへび座の間において、勇敢な2つの星座に守ってもらうことにしたと言われています。

ろくぶんぎ座 基本データデータの見方

和名ろくぶんぎ座(六分儀座)
学名Sextans
略符Sex
設定者ヨハン・ヘベリウス
概略位置赤経:10h10m0s 赤緯:-1°
面積314平方度
20時正中4月19日ごろ
正中高度約53°
主な季節
肉眼星数約30個

ろくぶんぎ座にまつわる神話

新しい星座なので神話はありません。

季節の星座一覧件)