水星は太陽系で最も太陽に近い惑星で、その大きさや重さが太陽系の惑星の中で一番小さい星です。

水星は、その多くが鉄やニッケルなどからなる岩石質の星で、太陽に近いため昼は400℃を超える熱さになり、夜はマイナス170℃という冷たさになります。大気は無く、表面には隕石がぶつかってできたたくさんのクレーターがあります。

地球より太陽に近い軌道を回る内惑星である水星を地球から見ると、のように満ち欠けをします。

2022年の水星

太陽に近い内惑星である水星は、1年を通して星座の中を大きく移動していきます。年初にいて座にある水星は、いちどやぎ座に入った後、1月14日にはを迎え逆行していて座に戻ります。2月4日の留を過ぎると順行となり、やぎ座、みずがめ座うお座と、黄道十二星座を巡っていきます。2022年では他に5月11日、9月10日、12月29日に留となり逆行現象が見られます。

水星は、東方最大離角西方最大離角の前後の期間は高度が高くなり観測しやすくなります。特に日没後に観測できる1月上旬、4月下旬〜5月上旬、12月下旬が観測のチャンスとなります。4月29日の東方最大離角の頃には高度が19°に達し、すぐ近くにおうし座プレアデス星団が見られますので、天体望遠鏡での観測をおすすめします。

星座の中の水星の動き(1〜7月)
図:星座の中の水星の動き(1〜7月)
星座の中の水星の動き(8〜12月)
図:星座の中の水星の動き(8〜12月)
表:2022年の水星の主な動き
東方最大離角1月7日、4月29日、8月28日、12月22日
西方最大離角2月17日、6月16日、10月9日
内合1月23日、5月22日、9月23日
外合4月3日、7月17日、11月9日
(順行から逆行)1月14日、5月11日、9月10日、12月29日
(逆行から順行)2月4日、6月3日、10月1日

※国立天文台参考値

観測メモ

内惑星で、太陽に近いということにより、天体望遠鏡でも見ることが難しい天体です。最大離角の時期などにマイナス0.4等星ほどの明るさになりますが、日の出前と日の入り後のわずかな時間しか観測することができません。

基本データデータの見方

半径2.440 x 103 km(地球の約0.383倍)
質量3.301 x 1023 kg(地球の約0.055倍)
体積6.083 x 1010 Km3(地球の約0.056倍)
表面積7.480 x 107 Km2(地球の約0.147倍)
表面温度-173~427℃
自転周期58.646 地球日
太陽からの平均距離5.791 x 107 Km(0.387 AU)
近日点距離4.600 x 107 Km(0.308 AU)
遠日点距離6.982 x 107 Km(0.467 AU)
公転周期 87.97 地球日