ふたご座について

ふたご座

ふたご座(双子座)は、誕生星座(双子座生まれ5/21~6/21)で知られる黄道十二星座の1つで、二人の男の子が並んだ姿を表した星座です。2世紀にプトレマイオスによりまとめられた48星座の1つで、おうし座の角の先に、2つの明るい星が仲良くならんだ細長い六角形の形をしており、二人の頭の部分にあたる星が、α星カストルとβ星ポルックス(全天に21ある1等星の1つ)です。

ふたご座にはカストルの近くに放射点を持つ、3大流星群の1つふたご座流星群があります。

ふたご座 基本データデータの見方

和名ふたご座(双子座)
学名Gemini
略符Gem
設定者プトレマイオス(トレミー)
概略位置赤経:7h0m0s 赤緯:+22°
面積514平方度
20時正中3月2日ごろ
正中高度約76°
主な季節
肉眼星数約120個

ふたご座にまつわる神話

ギリシャ神話には、ふたご座にまつわる二人の英雄の物語があります。

大神ゼウスとスパルタ王妃レダの間に4人の子供が生まれました。そのうち二人は男の子で、カストルとポルックスと名付けられました。カストルは普通の人間でしたが、ポルックスはゼウスの血を引き不死身の体を持っていました。二人はとても仲が良く、勇者へと成長し共に戦いました。

ある戦いの最中、カストルは敵の矢に当たり死んでしまいました。ポルックスも傷を負いましたが、不死身なので死ぬことはなく、カストルだけが死んでしまったことをとても悲しみました。大神ゼウスはこの二人がいつも一緒にいられるように、ふたご座として天の星座にしました。

カストルとポルックス兄弟は、アルゴ座(現在はとも座ほ座らしんばん座りゅうこつ座に分割されています)の物語に登場するアルゴ遠征隊に加わり、さまざまな冒険をした物語も伝えられています。

ふたご座の見つけ方

ふたご座は、3月上旬の午後8時頃には南の空の天頂近くまで登り、見ごろを迎えます。南の空に輝く冬の大三角から天頂へ目を向けると2つの明るい星を頂点にした細長い六角形が見つかります。2つの星はふたごの頭にあたる1等星ポルックスと2等星カストルです。

黄道十二星座であるふたご座は、黄道に沿って東にかに座、西におうし座が並びます。ふたご座のポルックスとおうし座のアルデバランは、冬のダイヤモンドを作る星にもなっています。

※上の星図は20時正中時の星空を表しています。半月前の21時、1ヶ月前の22時、2ヶ月前の24時とほぼ同じ星空となります。

冬の大三角をガイドにした、ふたご座の見つけ方、冬を代表する星座たちの見つけ方をご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

12星座占いと双子座

双子座サイン

星座では仲の良い兄弟の姿を表した双子座。双子座生まれ(誕生日5/21~6/21)の人は、コミュニケーション能力が高く話し好き、好奇心が旺盛で行動力があります。表現力が豊かで、自分の知識や体験を面白おかしく伝える事が得意です。さまざまな事に興味を持ち話題が多い反面、飽きっぽく落ち着きの無いところもあり、興味の対象が次々に変わっていきます。

12星座一覧件)